特徴を理解することが大切!

職場ごとの特徴を理解し自分に合った職場を見つけよう

職場の特徴を知ることが転職の鍵

バブル以降30年近く経ちますが、不況などの影響もあり就職することが困難な時代が続いています。
しかし、高齢化や介護ニーズの増加などで福祉関係の職場は、他の業種と比べると就職・転職がしやすい状況にあるといえます。介護や福祉現場の人材不足問題は、新聞やテレビでもよく報道されているので転職市場としても大きな受け皿になっているのです。
しかし、ニーズが増大し多様化する一方で、「仕事がきついわりには給料が安すぎる」などといった厳しい労働条件が問われています。更に、福祉・介護分野のマイナスイメージなどから、人材不足は深刻化しており、安定的な人材の確保が課題となっているのも事実です。

福祉の職場には、訪問系・通所系・施設系などがありますが、働き方は配属される部署や役職によっても労働条件は大きく変わってきます。勤務形態・給与・残業などの有無が違ってくるため、優先条件を決めて就職活動をしなければ、折角勤めても更に辞めなければならなくなります。

訪問系や通所系の職場は、一部のサービスを除いて基本的に夜勤がありません。
訪問系は、利用者の居宅を訪問するため、サービス提供の時間外は野外移動することが多く、非常勤での採用が多くなっています。利用者と一対一の関係で支援を行うのが特徴です。
通所系は、利用者の送迎、レクレーション活動、食事や入浴の介助などで、複数の利用者に対して複数の職員で支援を行うのが特徴なのです。

このように、各職場の特徴を理解して、自分に合った職場を探すことが必要なのです。
しかし、自分に合った職場を見つけても採用されなければ意味がありません。
こちらのサイト(転職市場最前線)で転職市場で勝つためのポイントが紹介されていましたので、チェックしてみてください。